2021年7月21日

鉄鋼輸出、6月27%増加 3カ月ぶり300万トン超

 財務省が21日に発表した貿易統計によると、全鉄鋼ベースの6月の輸出量は前年同月比27・0%増の305万6000トンで、2カ月連続で前年同月を上回った。新型コロナウイルスの影響で急減した前年に対する反動、海外市況の好調さを受けた高炉メーカーの輸出シフトなどが影響したものとみられ、年度末の3月以来、3カ月ぶりに300万トンを超えた。ただ、JFEスチールが西日本製鉄所・倉敷地区の高炉1基を改修のため12月まで休止させたままであるほか、日本製鉄も9月末に瀬戸内製鉄所・呉地区の高炉の休止、来年には名古屋製鉄所の高炉1基の改修を予定しており、輸出余力は限定的なものにとどまる公算が高いもよう。

おすすめ記事(一部広告含む)