2021年7月26日

森田鋼材、鉄筋自動加工機を新設 能力2倍に

 森田鋼材(本社=大阪府門真市、小野剛社長)は、全自動鉄筋加工機を2基新設し、このほど本稼働させた。最大加工能力が2倍になり、生産性が大幅に向上する。同様に鉄筋加工設備を導入した小野建(堺スチールセンター)と連携し、グループシナジー効果を発揮させる。森田雄一専務取締役は「小口案件に対応しながら、これまで進出していなかった分野にも参入したい」と意気込む。

おすすめ記事(一部広告含む)