2021年7月30日

地区市況 関東普通鉄線5000円高

関東地区の普通鉄線市況は、扱い流通の価格転嫁の取り組みにより5000円方値上がりし、4ミリの規格線がトン15万9000円どころ、一般用線が14万9000円どころとなった。流通は今回の値上げを第一歩と認識しており、今後も市況は強基調の展開が見込まれる。

おすすめ記事(一部広告含む)