2021年8月6日

粗鋼7―9月2467万トン 生産計画、5四期連続増

経済産業省が5日まとめた2021年度第2四半期(7―9月)の鉄鋼生産計画によると、粗鋼は前期比1・3%増の2467万トンと5四半期連続で増える。夏季減産はあるものの、内外の需要回復に応じて生産を増やし、前期比では国内向けが微増、輸出向けは1割増える。経産省金属課では内外とも需要回復が続くものの、新型コロナウイルス禍には注視が必要と指摘。タイトな在庫状況も含めた市場動向に応じた適切な生産対応を求めている。

おすすめ記事(一部広告含む)