2021年8月20日

日鉄鋼管、2万円超値上げ 炭素鋼鋼管全品種 10月出荷分から

日鉄鋼管(岩井律哉社長)は店売り・ひも付きの炭素鋼鋼管全品種について、10月出荷分からトン当たり2万円以上引き上げる。2020年度下期からの累計値上げ額は7万円以上となる。原板の需給がタイトな状況下、販売改革として10月出荷分から3カ月ごとの数量枠を設定する。需要家側への供給責任を果たすべく12月分までの供給数量を確認し、数量条件(供給可能数量)も併せて提示した上で9月中(10月の出荷前まで)の決着を目指す。21年1―3月出荷分の各交渉は11月頃に行う予定。

おすすめ記事(一部広告含む)