2021年8月30日

鉄スクラップ 大阪、ヘビー需給緩む

 大阪地区で鉄スクラップの指標品種となる「H2」など、中下級ヘビースクラップの需給が緩んできた。アジア向けの輸出が低迷しているため、これまで湾岸部へ流れていたヘビースクラップが地場電炉に向けられているが、夏季定修に伴う減産期で電炉の需要も一段と鈍っている。

おすすめ記事(一部広告含む)