2021年9月2日

原料炭スポット最高値 2週で2割上昇

 原料炭のスポット価格が過去最高値に高騰している。業界関係者によると、強粘結炭市況は中国着価格でトン430ドル(4万7300円)という。2週間で2割上がった。中国の粗鋼減産で原料炭需要は減っているが、国内炭の生産が伸び悩み、輸入も減る中で供給不足感が強いようだ。中国の国内炭価格は500ドル超とされる。異例の高値で先行きは見えにくいが、中国の減産で大きく値を下げた鉄鉱石と異なり、原料炭の下げ気配は見えない。

おすすめ記事(一部広告含む)