2021年9月15日

経産省 水素還元鉄の研究支援 10年で上限1935億円

 経済産業省は14日、グリーンイノベーション基金で支援する製鉄プロセスの水素活用プロジェクトに関する研究開発・社会実装計画を策定したと発表した。1935億円を上限に10年にわたり支援する。高炉を使った水素還元で二酸化炭素(CO2)排出量を50%以上削減する技術、水素だけの直接還元でCO2排出量を50%以上削減する技術開発を後押しする。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が15日公募を開始し、鉄鋼会社などが応募する運び。

おすすめ記事(一部広告含む)