2021年9月29日

神鋼、脱炭素化を加速 ミドレックス貢献へ

神戸製鋼所は28日、永良哉取締役執行役員らがESG説明会をオンラインで開き、サステナビリティー経営の実現に向け、ESGの取り組みを加速する方針を示した。環境の面では直接還元鉄のミドレックス法を主体に二酸化炭素(CO2)排出削減で貢献する短期、中長期の取り組みを進めている。世界の直接還元鉄生産は2050年には4億―6億トンに拡大すると想定。19年実績の1億800万トンから大きく伸び、ミドレックスの事業機会が広がるとみており、グループの技術力を生かす考え。

おすすめ記事(一部広告含む)