2021年10月5日

鉄スクラップ 国内相場が上昇

鉄スクラップ 国内相場が上昇 東鉄宇都宮 3カ月ぶり買値上げ



国内の鉄スクラップ相場が2日から上昇した。電炉大手の東京製鉄が国内5拠点の鉄スクラップの購入価格をトン当たり1000―2000円上げ、全国に値上げの動きが広まった。秋の鋼材需要期で国内の鉄スクラップ需要が旺盛になっている。東鉄は直近1カ月で田原工場でトン4000円、岡山工場でトン2500円、買値をそれぞれ上げている。関東地区に影響が大きい宇都宮工場が買値を上げたのは6月24日以来約3カ月ぶり。






おすすめ記事(一部広告含む)