2021年10月13日

扶桑鋼管 タイの部材加工強化

鋼管流通大手の扶桑鋼管(本社=千葉県浦安市、江村伸一社長)は、タイ現地法人で鋼管のほか、構造用鋼、平鋼などの部材加工能力を強化する。既存の4棟に加え新たに1867平方メートルの建屋を2022年6月めどに増築し、自動車、建産機、農機向けに鋼材加工度を高める。タイ拠点を同社のグループ企業で加工の中核拠点である北陸加工センター(石川県小松市)にちなみ「第二の北陸」(江村社長)と位置づける。総投資額は2億5000万円程度を見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)