2021年10月19日

セキノ興産、新工場の増強推進 結城店、折板機など増設

 大手建材流通のセキノ興産(本社=富山市、山口輝雄社長)は、堅調な需要に対応するため、5月に移転拡張した結城店の設備増強を進めており、現在までに折板などの加工能力を月間400トンに引き上げた。同店は中長期目標として月間加工量450トンを掲げており、今後、さらなる設備増強を図る方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)