2021年10月20日

関東普通鋼電炉14事業所 10月粗鋼40万トン見通し

関東地区普通鋼電炉メーカー14事業所の10月の粗鋼生産量は前年同月比14・4%増、前月比10・2%増の39万6800トン前後となる見通しだ。10月の地区マーケットは中・小建築物件向けが減っている異形棒鋼の出荷低迷が継続する中、輸出は半製品・ビレット、異形棒鋼ともに堅調に推移。生産は2カ月連続で前月比プラスを想定する。

おすすめ記事(一部広告含む)