2021年11月1日

H・一般形・平鋼5000円上げ 関東流通、13年ぶり高値

関東地区の条鋼流通は原料高による相次ぐメーカー値上げを受け、H形鋼と一般形鋼(溝形鋼・等辺山形鋼)の販売価格を1日からトン当たり5000円上げ、11万円(いずれもベースサイズ)とした。約13年ぶりの高値となる。平鋼と角鋼も5000円上げ、平鋼を13万円(同)、角鋼を同15万5000円に引き上げた。流通各社は年末に向けて追加のメーカー値上げも想定し、価格転嫁を続ける構えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)