2021年11月17日

NNY 樹脂選別ライン増設 来年7月、回収プラ純度向上

リバーホールディングスのグループ企業でミックスメタルや産業廃棄物のリサイクル事業を展開するNNY(本社=栃木県大田原市、大川文康社長)はこのほど、来年7月に那須事業所の樹脂選別ラインを増設すると発表した。回収プラスチックのポリプロピレンやポリエチレンの純度を上げる目的。選別能力を3倍に増強し年間1800トンとするほか、別口でRPF(廃プラスチックなどを原料にした固形燃料)向けの選別を年間420トン見込む。増加が見込まれる製品プラスチックの再資源化と、CO2削減を同時に目指す。背景には6月に成立した「プラスチック資源循環促進法」がある。

おすすめ記事(一部広告含む)