2021年9月16日

大谷加工、那須工場のプラズマ切断機更新

 ステンレス流通の大谷加工(本社=川崎市、大谷裕一社長)は、加工拠点の那須工場(栃木県大田原市)のプラズマ切断機を更新する。ステンレス極厚板や広幅厚板への対応を強化するため、乾式プラズマ切断機1基を老朽更新する。新設備は来年1月の稼働開始の予定。同時に検査能力を拡充し、成分分析器を2台増設する。総投資額は6000万円。設備更新に合わせ、那須工場内のレイアウトもリニューアルする。

おすすめ記事(一部広告含む)