2021年11月22日

粗鋼11月生産 関西電炉、連続50万トン超

商社などによると、11月の関西電炉粗鋼生産が2カ月連続で50万トンを超える見通しとなった。新型コロナウイルス禍からの経済活動が回復するのに伴い、建設・工作機械など製造業向けの鋼材需要が上向いている。建築向けは中小案件の低迷が続くが、大型の建設プロジェクトが需要をけん引し市中の荷動きが改善している。

おすすめ記事(一部広告含む)