2021年12月13日

東京鉄鋼、異形棒鋼の契約適正化 新指針、1月運用開始/契約有効期限 最長1年半に/原料価格、反映しやすく

 大手異形棒鋼メーカー、東京鉄鋼は高張力ネジ節棒鋼「ネジテツコン」を含めた異形棒鋼の契約適正化を図るガイドラインをまとめ、2022年1月1日契約分から運用を開始する。契約の有効期限を製品納入日から最長で1年6カ月にすることなどを規定した。同社は需要家に安定した品質の製品を継続的に提供できるよう、ガイドラインの周知徹底を進めて鉄スクラップをはじめとする原材料価格変動に対応し、適正利益を確保する方針。






おすすめ記事(一部広告含む)