2022年1月12日

日本金属、内面高精度小径管を開発 径0.75ミリで粗さ0.5マイクロメートル以下

 日本金属は12日、「内面高精度」小径管(ファインパイプ)の開発と製品化を発表した。内径0・75ミリかつ面粗さRa(算術平均)が0・5マイクロメートル以下を実現し、分析機器の高性能化や高速化に貢献する。このほどサンプル出荷を開始。製品開発とラインアップの拡充で、需要の開拓を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)