2022年1月14日

JFEエンジ 環境本部、受注2500億円超

JFEエンジニアリングの環境本部(本部長=関口真澄副社長)は2021年度の受注金額について2500億円を超えるとの見通しを明らかにした。20年度の2200億円から約14%増となる。大型案件の端境期ではあるが、受注面では活況を呈する。これまで廃棄物処理施設の新設工事受注に関し年間2件を目指してきたが、昨年からは4件の受注を目指している。全社の中期経営計画(24年度末)で掲げる売上高6500億円のうち、環境本部で事業規模の半分を、利益面では経常利益350億円のうち3分の2を目指す方針。関口本部長は「30年までは積極的な受注を目指す。オペレーションとメンテナンス事業で経営を安定させたい」と話している。





おすすめ記事(一部広告含む)