2022年1月14日

鉄スクラップ500円下落 関東地区、輸出減で需給緩和

関東地区の鉄スクラップが13日にトン当たり500円下落した。輸出の船積み減による需給緩和が影響した。東京製鉄の宇都宮工場を含め、おおむね北関東の電炉メーカーが鉄スクラップの買値を下げた。先行して買値を下げていたシッパーや南関東の電炉メーカーの多くは様子見している。ただ12日に関東鉄源協同組合が実施した鉄スクラップ輸出入札での平均落札価格がトン5万円を超え、アジア向け輸出価格は底を打った。今後の関東相場も大幅な下落には至らないとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)