2022年1月18日

JFE、転炉傾動でシミュレーター開発 MR使った訓練 福山で運用開始

JFEスチールは18日、最新のMR(複合現実)技術を使った転炉傾動時の訓練シミュレーターを開発し、西日本製鉄所(福山地区)で運用を始めたと発表した。製鉄所の構造的な問題ともいえる若手現業系社員の技能伝承に向け2020年に連続鋳造機での溶鋼鋳込み量調整作業の訓練シミュレーターを開発して西日本製鉄所(倉敷地区)で運用を始めていたが、福山地区では新たに転炉の傾動作業の訓練シミュレーターを開発するとともに、倉敷の溶鋼鋳込みシミュレーターも導入し、運用を始めた。

おすすめ記事(一部広告含む)