2022年1月20日

三和特殊鋼、ハイス鋼専用切断機導入 粉末製品の販売強化

 特殊鋼流通の三和特殊鋼(本社=大阪府門真市、勝野茂社長)は、今月15日に本社倉庫にアマダマシナリー製バンドソーマシン「HFA250」を導入、稼働を開始した。粉末高速度工具鋼(ハイス鋼)の切断専用に導入したもので、切削工具関連向けをメインに切断スピードアップと精度向上により、ユーザーへの対応強化を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)