2022年1月21日

鉄スクラップ H2対日5.1万円提示 韓・現代製鉄、前週比2000円高

商社などによると、韓国・現代製鉄は20日に鉄スクラップ輸入入札を実施し、日本向けにFOBトン当たり5万1000円(H2)を提示した。先週13日の実施分よりも2000円高い。アジアの鉄鋼市況の上昇が今回の高値提示の背景にある。旧正月に向けてアジア各国で半製品や鉄スクラップの需要が高まった。昨年10月末以降弱基調にあった関東地区の電炉メーカーの鉄スクラップ購入価格も、輸出価格に押し上げられて上昇していく公算が大きくなっている。

おすすめ記事(一部広告含む)