2022年1月24日

ミヤザキ・メタルサービス、1000トンギロチン本稼働

 金属スクラップの加工処理・販売を行うミヤザキ・メタルサービス(本社=大阪市淀川区、宮﨑富夫社長)は、本社工場で昨年夏から進めていた大型鉄スクラップ加工設備の更新工事がこのほど完了し、新設備を本稼働させた。設備の老朽化に伴うもので、鉄スクラップ加工処理効率の向上や大幅な省エネ効果も見込む。

おすすめ記事(一部広告含む)