2022年1月27日

普通鉄線市況5000円上昇 関東地区、先行きも強基調続く

関東地区の普通鉄線市況が5000円方値上がりし、4ミリの規格線がトン17万9000円どころ、一般用線が16万9000円どころとなった。昨年初からの上昇幅は計4万円。今後も市況は強基調の推移が続く見通し。

おすすめ記事(一部広告含む)