2020年3月13日

関東地区、異形棒鋼市況1000円下落

 関東地区の異形棒鋼市況は前週比でトン1000円方下落した。足元では鉄スクラップ電炉買値が続落。ゼネコンなど需要家からの指し値が厳しさを増し、マーケットでは少ない引き合いをめぐって、安値で折り合う場面が増加した。扱い筋の売り腰が軟化し、市況が下がった。

おすすめ記事(一部広告含む)