2022年2月1日

12月普通鋼輸入 4%増35.6万トン

日本鉄鋼連盟によると、2021年12月の12月の普通鋼鋼材輸入量は前年同月比4・0%増の35万6000万トンとなり、2カ月連続で増加した。

主な品種別では熱延広幅帯鋼(ホットコイル)が前年同月比9・7%増の11万3000トン、亜鉛めっき鋼板が10・0%減の7万6000トン、冷延広幅帯鋼が47・0%減の4万8000トン、亜鉛めっき鋼板が25・7%増の9万5000トン、冷延広幅帯鋼が18・8%増の5万7000トンなどとなる一方、厚板は47・6%減の3万トンに半減した。

おすすめ記事(一部広告含む)