2022年2月2日

合鉄、経常赤字11.7億円 4―12月、原料高響く

合同製鉄が1日発表した2021年4―12月期連結決算は、経常損益が11億7000万円の赤字(前年同期は68億9700万円の黒字)となった。売上高は前年同期比35・5%増の1511億8100万円。電炉主原料である鉄スクラップ価格の急騰に、販売価格の値上げが追いついていないことなどが損益面を圧迫した。
おすすめ記事(一部広告含む)