2022年2月4日

丸紅 新中計、純利益4000億円へ

丸紅は3日、2024年最終の新中期計画で連結純利益4000億円を確保すると発表した。最高益更新の22年3月期予想並みだが、中長期的な企業価値の向上を追求、3年間で基礎営業キャッシュフロー1兆3000億円を上げ、新規投資1兆円を計画。過去3年の変革を経て、今後は戦略実践の3年間と位置付け、既存事業の強化と新たな事業モデル創出を追求、収益の柱を育てる。全事業のグリーン化を進め、グリーンのトップランナーを目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)