2022年2月8日

重仮設リース上場3社 4―12月全社経常減益

重仮設リース上場3社の2021年4―12月期連結決算が出そろった。全3社が経常減益となった。売上高は新型コロナウイルス禍からの回復もあってジェコスは増収だったが、民間建築投資の伸び悩みや工事進ちょくの遅れなどで他の2社は減収だった。コスト低減や提案力の強化に努め、受注拡大に注力したものの、競争の激化により採算性が低下したため、経常段階では全社が減益となった。建設需要は公共投資が堅調に推移する半面、民間建築分野の持ち直しには停滞感も見られ、原材料、鋼材価格の高騰や、オミクロン株によるコロナ再拡大もあって先行き不透明感は強まる。

おすすめ記事(一部広告含む)