2022年2月24日

大阪バネ工業 三重工場が本格稼働 12メートル大型加熱炉など導入

自動車用の大型熱間成形ばねなどを製造する大阪バネ工業(本社=大阪府東大阪市、笠井洋子社長)は、三重県伊賀市に新工場を建設、このほど本格稼働を開始した。従来の本社工場が新設備導入などで手狭となり、周辺環境への配慮から三重工場を新設。12メートルの大型加熱炉など、これまでは工場面積の問題で導入できなかった設備も新たに導入した。営業や経理などの本社機能は東大阪に残し、三重工場と東京出張所の3拠点で、生産・販売を拡大する。
おすすめ記事(一部広告含む)