2022年2月28日

ウクライナ侵攻 鉄鋼商社、影響を懸念 決済リスク・供給不足など

 ウクライナ情勢はロシアの軍事侵攻という最悪の事態に突入した。鉄鋼商社にとってロシア、ウクライナなど東欧における現地ビジネスの規模は限定的であるが、ロシアへの経済・金融制裁による決済リスクや事態が長期化した場合の資源や半製品の供給不足などが懸念されている。
おすすめ記事(一部広告含む)