2022年3月7日

応緑、ゲート商品機能拡充 3シリーズ展開

 総合ゲートメーカー、応緑(本社=兵庫県姫路市、河越祥郎社長)は、本年4月に創業50周年を迎えることを記念し、既存商品を3つにシリーズ化することで新製品としてラインアップした。新設需要はじめ、設置から経年したゲート(門扉)のメンテナンスやリニューアル、電動化などあらゆるニーズに幅広く対応し、2024年度をめどにゲート事業の売り上げを従来比2倍の6億5000万円にまで拡大を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)