2022年3月10日

関東地区カラー鋼板市況上伸 昨年初から累計6万円 流通価格転嫁に注力

 関東地区のカラー鋼板市況が昨年末から約5000円上伸し、大コイル(0・35×914ミリ幅)でトン当たり28万8000円、小コイル(同)で31万3000円どころとなった。昨年初からの値上がり幅は計6万円。流通は引き続き販価引き上げに注力する方針。

おすすめ記事(一部広告含む)