2022年3月16日

日鉄ステンレス、Ni系線材5万円値上げ 異例の価格改定対象期間短縮 3―4月契約で

 日鉄ステンレスは16日、ステンレス線材の価格改定について、3―4月契約(4―5月ロール)でニッケル系(SUS304前提)をトン当たり5万円引き上げると発表した。LMEニッケル市場の混乱を受けて、価格改定の対象期間を通常の3カ月から2カ月に短縮する。クロム系(SUS430前提)は据え置く。ニッケル系の改定は、2020年9―11月契約以来7期連続で、累計の引き上げ幅は同20万5000円となった。

おすすめ記事(一部広告含む)