2022年3月17日

三井物産、金属の安定供給機能を強化 脱炭素化要請にも対応 22年度、好業績見込む

三井物産は鉄鋼原料、鋼材など金属分野の安定供給機能を強化する一方、脱炭素などの新たな要請に応える方針だ。鋼材、商品など価格上昇を受け、トレーディングに加え、鋼材加工・自動車部品事業への投資などの事業基盤が生きた鉄鋼製品、鉄鉱石などの安定供給体制を強化してきた金属資源ともに2022年度は本部の好業績を見込む。既存事業の強化とともに、電池原材料や脱炭素など新たな分野、機能を加え、メーカーやサプライヤー、需要家など関係各者に貢献することで利益成長を目指す。





おすすめ記事(一部広告含む)