2022年3月25日

国内相場 鉄スクラップ1000円続伸

鉄スクラップ相場が24日にトン当たり1000円続騰した。ウクライナ危機や中国の春需を受けて韓国やベトナム向けの鉄スクラップ輸出価格が上昇し、国内電炉が対抗値上げを実施している。24日時点で東名版3地区電炉メーカーのH2購入価格の平均はトン6万4300円になり、3月入り後にトン7800円上昇。円安進行の追い風を受けた輸出商談の活発化も国内市況をけん引する一因となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)