2022年4月5日

JFEスチール、車用に新ハイテン板開発 独ティッセンクルップと共同 冷間加工向け 優れた局部延性 従来加工で難成形可能

JFEスチールは4日、技術提携先であるドイツ最大鉄鋼メーカーのティッセンクルップ・スチールと共同で、自動車製造の冷間加工向けとして新たな980―1180メガパスカル級高張力鋼板を開発したと発表した。従来の汎用高張力鋼板に比べ、より高い降伏強度と延性、優れた局部延性を持つもので、これらの特性を持つ高張力鋼板を使うことで自動車骨格(ホワイトボディー)の軽量化と衝突安全性能の向上につながるとともに、熱間(ホット)プレス工法を使わない従来の冷間加工(プレス成形・ロールフォーミング)で難成形部品を製造することが可能となる。





おすすめ記事(一部広告含む)