2022年4月18日

リバー、日本最大級処理 電子スクラップ破砕、東松山で新工場稼働

 TREホールディングスの孫会社で鉄スクラップ処理業のリバー(本社=東京都墨田区、猪鼻秀希社長)は、都市鉱山から回収される電子スクラップ(家電の基板や情報通信機器類など)を処理する新工場を4日から稼働したと発表した。新工場は埼玉県滑川町の東松山事業所内に導入。工場面積は2494平方メートルで、想定処理数量は日本最大級の月間700トン。グループ全体で電子スクラップの100%リサイクルを一層推進する。

おすすめ記事(一部広告含む)