2022年5月2日

山陽特殊製鋼、前期経常益216億円 年間配当が過去最高

 山陽特殊製鋼が28日に発表した2022年3月期の連結決算は、経常利益が216億6400万円と黒字転換した。原燃料価格上昇の影響があったもののサーチャージ適用に伴う販売価格の上昇、売上数量の増加、オバコをはじめグループ会社の収益改善などが寄与した。年間配当金は1株当たり90円(前期は無配)と過去最高となった。

おすすめ記事(一部広告含む)