2022年5月2日

神鋼商事、最高益を更新 前3月期経常益97億円

 神鋼商事は28日、2022年3月期連結経常利益が前期比2・4倍の97億円だったと発表した。「自動車向けの需要回復により鉄鋼、非鉄金属が業績回復をけん引。過去最高益(07年度94億円)を更新し、『中期経営計画2023』(21―23年度)の目標95億円を達成した」(森地高文社長)。純利益も同3・2倍の71億円と過去最高益(17年度54億円)となり、期末配当予想を1株当たり135円から160円に修正し、年間配当予想を220円から245円(前期50円)に引き上げた。
おすすめ記事(一部広告含む)