2022年5月6日

関東で異形棒市況上昇 過去最高水準12万円

 関東地区の異形棒鋼市況は先週までにトン5000円ほど上がり、過去最高水準の12万円(ベースサイズ・直送)となった。メーカーが4月に販売価格を12万円に引き上げ、商社・問屋が即座に唱えを上げた。建築物件はなお精彩を欠くものの、赤字が続くメーカーの販売姿勢は強く、ロシア・ウクライナ情勢を背景に先行きも原料だけでなく、電力などコスト増の傾向が続く見通しから棒鋼市況はなお強い基調を維持する見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)