2022年5月10日

日本製鉄・橋本社長コメント ゼロカーボン鋼 23年度供給開始

日本製鉄の橋本英二社長は10日、2023年度からカーボンニュートラル(CN)スチールの供給を開始すると発表した。橋本社長は「50年度のCNに向けて順次供給量を拡大し、自らの製造プロセスにおいて脱炭素を進め、お客さまの排出量削減に寄与する高機能鋼材とソリューションの提供という両面から日本の国際競争力を支えていくという考え方」と述べた。「例えば、お客さまの脱炭素への貢献としては、電磁鋼板の供給能力を拡大し、世界最高級品からさらにもう一段品質レベルを高める。NO(無方向性電磁鋼板)から成るEV用モーター向けや、GO(方向性電磁鋼板)から成る変圧器用などエネルギーの効率化に貢献する」とした。

おすすめ記事(一部広告含む)