2022年5月20日

神戸製鋼 建機の市場戦略強化 脱炭素取り組み具体化

神戸製鋼所は19日、新中期経営計画(2021―23年度)の進捗状況の説明会をオンラインで開き、山口貢社長は「安定収益基盤の確立とカーボンニュートラル(CN)への挑戦を最重要課題に掲げ、順調に進んでいる」と語り、特に建設機械の中国市場依存からの脱却・欧米印市場獲得や水素の利活用などCNの取り組みを強調した。鋼材やアルミなど事業の収益基盤強化策や直接還元鉄の活用拡大、低CO2高炉鋼材の商品化など具体化している戦略を説明し、企業価値向上への道筋を示した。





おすすめ記事(一部広告含む)