2022年5月27日

日本金属 岐阜にパイプ自動切断機 生産性が向上

ステンレス圧延大手の日本金属は26日、ステンレス精密管や特殊合金パイプなどを製造する岐阜工場(岐阜県可児市)にパイプ自動切断装置を導入し、本稼働を開始したことを発表した。新設備導入で生産量の拡大と納期短縮を図り、自動車や産業機器、住宅機器向けで高まっているパイプ需要の捕捉を目指す。作業の機械化で洗浄溶液や工数を削減することで、カーボンニュートラルやSDGsの達成に貢献する。

おすすめ記事(一部広告含む)