2022年5月30日

大同特、新パートナーシップ制度開始 資機材調達先との連携強化

 大同特殊鋼は、工場の生産設備などで使用する資機材分野の取引先との連帯を強化する。主要取引先200社(年間調達規模700億円)とともに新たなパートナーシップ制度「DSP(ダイドー・サプライヤー・パートナーシップ)」を開始。市場環境変化への対応や次期重点分野への注力を図ることが狙いで、情報共有の円滑化によりSDGs対応やコスト競争力の向上を推進し、取引先の要望にも応えていくことで、相互メリットを引き出していく。

おすすめ記事(一部広告含む)