2022年6月1日

花村産業 千葉で鋼板加工強化 ガス溶断機など新設

鉄鋼・非鉄金属流通や総合リサイクルを手掛ける花村産業(本社=長野県松本市、花村泰年社長)は千葉事業所(千葉県市原市、谷内浩樹所長)で鋼板加工を強化する。新たにガス溶断機とオートボーラーを導入し、このほど本格稼働を開始した。これまで一部外注していた工程を内製化し、自動穴開けにより作業時間を大幅に短縮した。谷内所長は「お客さまの要望にしっかりと応え、高まる加工ニーズを捕捉していきたい」と語る。

おすすめ記事(一部広告含む)