2022年6月6日

薄板3品在庫 4月末 前月下回る450万トン 調整が進展

4月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比0・4%減の450万1000トンとなり、2カ月連続で減少した。3月末から4月末は例年、増加する傾向にあるが、メーカーの生産調整や流通業者の在庫調整が進展したほか、輸入材の入着が少なかったことも奏功した。メーカーの生産(国内向け)は138万トンで、3月の163万トンから大きく減少している。

おすすめ記事(一部広告含む)