2022年6月23日

大同特殊鋼、渋川工場に真空アーク再溶解炉増設 高級鋼シフト加速

 大同特殊鋼は22日、渋川工場(群馬県渋川市)に特殊溶解設備の真空アーク再溶解炉(VAR)を1基増設すると発表した。今後需要の高まりが予想される、ニッケル基合金やクリーンステンレスなど高級鋼の増産に不可欠な設備の増強で、生産能力を従来比約10%引き上げ、高付加価値製品へのシフトを加速させる。投資額は7億5000万円で、2023年8月の稼働開始を予定している。

おすすめ記事(一部広告含む)